あなたは知っていますか?銀行の本音・策略・欺瞞!?

銀行に対して、あなたはどういった印象を受けていますか?「窓口のお姉さんが笑顔で対応してくれる」といった好印象から、「うちの会社をなめやがって!なんで融資を断るんだ!?こっちは客だぞ!」というお怒りの中小企業社長さんもいらっしゃることでしょう。

おそらくほとんどの人は銀行は「お金を預ける・下ろす」「公共料金を振り込む」くらいの用事でしか銀行を利用してはおらず、たいして深い付き合いがないことと思いますが、銀行からの融資が生命線の企業経営者にとっては銀行の細かいルール変更、金融に関する法改正などにやきもきしながら銀行と付き合っていくことでしょう。

では、何故その“ルール変更”や“改正”などが起きるのでしょうか?そこには顧客のことは無視した、銀行に勤める人および銀行自体の利益のためだけに決められた約束事が隠れているのです。

銀行の幹部たちが自分の地位を守るために、中小企業を見捨てることすらあります。「そんな銀行なんてつぶれてしまえ!」と怒りを覚える方もいらっしゃるとは思いますが、しかし「大手の銀行が破綻する」ということは、「日本経済の崩壊」にもつながります。その為おいそれと銀行を潰すわけにもいかないのです。そこまで深刻な事態にならないとしても、銀行が破綻すれば損をするのは我々一般人です。破綻した銀行の後処理をするために使われるお金は、国民が納めた大事な税金なのです。

日本の経済を、ひいては日本という国を守るためにも『銀行』という仕組みは必要不可欠です。その銀行で行なわれている実態を知りたいとは思いませんか。このサイトでは、一般の人にはあまり知られていない『銀行』の裏事情をご紹介します。

↑ 上に戻る